邸宅の象徴 100㎡超で叶う理想の暮らしプラン 100㎡超で叶う理想の暮らしプラン

Message

理想の住空間には、方角にもこだわりたいし、
女性ならキッチンの場所や、
バスルームなどの水廻りにもチェックが必要。
また、夫婦の寝室も、安眠を得られるように
静かな位置にある事も重要であり、
ライフスタイルに合った収納量も
必要となって来ます。
その中でも優先順位の高い要素の一つ、
ゆとりのある広さを確保した住まいが欲しい…
宝塚市・西宮市において、
直近の2019年を見ると、
240戸中10戸となる希少性の高い
100㎡超のプランをご用意しました。
この機会に、ゆとりの広さがもたらす
理想の暮らしをぜひ実現してください。

求めた暮らし方のイメージ、購入時に重視した条件は…「ゆとり」と「広さ」が第3位

リクルート住まいカンパニーが
発表した「2019年関西圏新築マンション
契約者動向調査」では
住まい探しにあたって求めた
暮らし方のイメージと、
物件検討時に重視した条件で
「住戸の広さ」に関する
項目が上位にランクイン。
「今よりもっと広い家に住みたい」と
考える購入者が多いことがわかります。

※2019年関西圏新築マンション契約者動向調査(株式会社リクルート住まいカンパニー)より
※調査対象:2019年1月~2019年12月の関西圏(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)新築分譲マンション購入契約者
※集計数:計1,024件
※暮らし方のイメージ:全体(50項目中)/5つまでの限定回答
※購入時に重視した条件:17項目からあてはまるものをすべて回答

価格高騰により広面積住戸が創りにくい環境に!今ゆとりを求める人への100㎡超住戸が貴重に!!

直近の2019年発売状況を見ると
宝塚市では物件数0件・住戸数0件、
西宮市では物件数5件・住戸数が10件の
100㎡超住戸プランが販売されている
結果となっています。
このようにマンション価格
高騰の原因は幾つかありますが、
その中でも建築費の高騰・地価の
上昇があげられます、
そうなる事で今までと同じ
住戸面積で住戸プランをつくると
グロス価格(専有面積の坪数×坪単価)が
上がるとともに購入価格が上がることで、
購入しずらくなってしまいます。
そこでマンションデベロッパーは、
より良い購入環境を保つために
専有面積を小さくし、
分譲価格を少しでも購入し易い価格とすることで
広面積住戸の分譲が少なくなっており、
結果100㎡超住戸の希少性が高くなっています。

※上記データはMRCデータを元に、2015〜2019年の期間中に発売された100㎡超住戸の物件数と住戸数の数値となります。

様々な家族の理想をカタチにする広々100㎡超プランの使い方をご提案

リビング・ダイニングと和室の一体利用で約20.5畳の家族団欒スペースを確保した4LDK基本プラン リビング・ダイニングと和室の一体利用で約20.5畳の家族団欒スペースを確保した4LDK基本プラン

お子様それぞれの部屋を確保するなど、家族の人数・用途に合わせて使い分けができる収納力豊富なプラン。

子供達も独立したご夫婦のセカンドライフにも対応3LDK応用プラン 子供達も独立したご夫婦のセカンドライフにも対応3LDK応用プラン

娘・息子家族が遊びに来た時も快適な広さを確保、セキュリティも充実、セカンドライフを心地よく安心・安全にお過ごしいただけるプラン。

共働きの私たちの暮らし方にもジャストフィット2LDK応用プラン 共働きの私たちの暮らし方にもジャストフィット2LDK応用プラン

カウンターテーブルを採用し、ゆとりのリビングスペース約20.0畳をキープ。
仲間や友人を招いてのホームパーティーにもぴったりなプラン。
ページの先頭へ