宝梅一丁目

現代の洗練された心地よさに彩られながら、
遠い昔日から連綿と美しい景観が受け継がれてきた逆瀬川。
時代とともにしなやかに変化を重ね、
守るべきものは守り通し、今も人々の憧憬をかきたてます。

逆瀬川宝梅一丁目

この邸宅街の丘陵地の麓に広がる宝梅一丁目は、
古くから開発が進められ、閑静な街並みを残してきました。
気ままにこの界隈を散策すれば、
先人たちの高き想いを香気のように感じることでしょう。

武庫川右岸開発の中心地として栄えた逆瀬川。

山並みにとけこむ緑豊かなまちに、住宅地開発が大正、昭和と進行。

阪急今津線以西では、緑豊かな六甲山地を背景として、逆瀬川駅周辺の逆瀬川地区や宝塚南口駅周辺の南口、中州地区などに大正・昭和初期から宅地開発が行われ、鉄道駅に近い郊外の近代的な住宅街が出現しました。その後大都市圏への人口集中が進み、宝塚市域への流入人口が増加。昭和30年代以降は山麓部の開発が大規模に進み、山手から武庫川にかけてのなだらかな低層戸建住宅地が形成されていきました。

1921年(大正10年)に開通した現阪急今津線(逆瀬川橋梁) 写真
1921年(大正10年)に開通した現阪急今津線(逆瀬川橋梁)[出典元:宝塚市図書館]
旧宝塚庁舎から野上方面越しにかつての宝梅園方向を望む 写真
旧宝塚庁舎から野上方面越しにかつての宝梅園方向を望む[出典元:宝塚市図書館]

「宝梅一丁目」というアドレスの価値。

宝塚開発の恩人、平塚嘉右衛門氏によって邸宅地の基礎が築かれた現地界隈。

宝塚の武庫川右岸一帯の開発に尽力した平塚嘉右衛門氏は、大正2年に「株式会社 平塚土地経営所」を創立。「寿楽荘」や「旭ヶ丘(当時の地名)」など、現在の宝梅エリアを含む土地の宅地造成に着手しました。以降、界隈は住宅地として成熟の時を重ね、人口増加が著しかった昭和30年代以降にいちだんと街並の整備が進行。落ち着いた住環境に対する高い評価が不動のものとなりました。なお、「宝梅」の地名は、かつての「宝梅園」に由来すると言われています。

旭ヶ丘住宅地 写真
旭ヶ丘住宅地[出典元:宝塚市図書館]
寿楽荘住宅地 写真
寿楽荘住宅地[出典元:宝塚市図書館]

COLUMN

地元の大地主として
武庫川右岸開発を先導した
平塚嘉右衛門氏。

平塚嘉右衛門氏は宅地の造成のほかに、武庫川右岸の水道施設や道路の整備、阪急今津線の整備促進も行いました。
また、当時武庫川左岸の開発に尽力していた阪急電鉄とも共同出資して宝塚ホテルの設立に取り組んでおり、武庫川両岸の雄が手を携えて宝塚の基礎を築いたといえます。
平塚嘉右ヱ門翁頌徳碑 写真
平塚嘉右ヱ門翁頌徳碑 (宝塚聖天境内)

Contents

ページの先頭へ